P o k k e の 棲 家

カテゴリ
全体
日記
WoW
Vanguard
From mixi
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

帰国日(2)

わけのわからない駅で降ろされたPokke。
駅に入ると、大きな荷物を持った人たちが多かった。
なにやら結構な列にならんでいる。
列にならんで、となりの若いにーちゃんに
”ここで空港行きのチケットをかうの?”
と聞いて、彼はうなずいた。
まぁ、前はなにやらもめたりして、時間かかりそーだしゆっくり待つか
(この時、そんなに時間があるわけじゃなかった)
しばらく、並んで自分の番になって空港行きのチケットをくださいというと、
ここじゃなくて向こうだっていわれた。
人が全然いなくて、ガラガラなところが空港行きだったのかー。

無駄に時間をロス。
移動して、空港行きのチケットを求めると
なにやら英語で質問しているようだ。
周囲がうるさすぎて、全く聞こえない。
とりあえず、チケットをもらって中にはいった。

駅構内に入ると、ぼろぼろの列車が止まっていた。
まるで砂漠の中を走ってそうな列車で、どう考えても空港行きの列車じゃない。
近くの駅の案内人に聞いてみると
”ライン2のが空港行きだ”
といわれた。
たしかに”Airport→”という標識があった。
ライン2のプラットホームに移動すると、少し大きめな荷物を持っている人が
何人かいた。
ここで、確認のために乗務員に確認のために聞いてみた。
P:”この列車は空港にいくの?”
容赦ない英語で、答えが返ってくる。(全くききとれませんww)
となりに空港に行きそうな列車を指差していたので
P:”あれが空港にいくの?”
乗:”いや行かないよ”
P:”ごめんなさい、英語苦手なんだ”
ああーそうだったのか、ごめんごめんというような顔つきで
乗:"あのタイプの列車がここに来る"
乗:"30分ここで待ってくれ"
と告げて彼は列車に乗り込んだ。

30分待ってこなかったら空港にいけなくて、帰国できないんじゃないかと
いう不安があって、近くにいた推定40代夫婦と6歳ぐらいの男の子の
家族ずれのおっちゃんに、
P:”すみません、空港に向かってますか?”
お:”おう、空港に向かってるぜ”
P:"OK,どうもありがとう"

少し安心して、座って待つことに。
しばらくすると、おっちゃんは別の乗務員に話しかけている。
その後、しばらくして
お:”もしよかったらついてこないか?途中乗り換えがあるけど、この列車でいけるってさ”
P:"是非是非、ついていかせてください。"
ほっと一安心して、空港に向かうことになった。
[PR]

by pokkegreece | 2006-09-02 03:18 | 日記
<< 帰国日(3) 帰国日(1) >>